テロメアを伸ばす物質とは?活性分子TAMについて解説します

テロメアを伸ばす物質とは?活性分子TAMについて解説します

テロメアを伸ばす物質とは?活性分子TAMについて解説します

 

テロメアとは命の回数券とも呼ばれるものです。このテロメアは動物の尻尾のような形をしていて、それが短くなることで細胞分裂がうまくいかなくなります。

 

 

その結果として加齢による疾患が起こると考えられています。そんなテロメアを伸ばすのが活性分子TAMです。

 

 

活性分子TAMとは、いったいどういうものかを考えてみます。TAMというのはTelomerase Activating Moleculeの略称です。

 

 

先に活性分子TAMを解説すると、わからない部分がでてきますので、順を追って説明していきます。そもそもテロメアというのは先述したように、細胞分裂をするたびに減っていくものです。

 

 

長い時には遺伝子を正常にコピーするのですが、短くなるとコピーが劣化していきます。その結果として、様々な疾患が起こってしまうのです。

 

 

なぜこのテロメアが短くなっていくのかというと、テロメラーゼという酵素が大きく関係しています。テロメラーゼとはテロメアが短くなると、長くするための役割を担っている酵素のことです。

 

 

ロブスターや2枚貝などにみられる酵素なのですが、実は人間の細胞にも存在しています。ただしテロメラーゼが存在はしていても、実は特定の細胞以外では不活性の状態になっているのです。

 

 

これは1996年にビル・アンドリュースという医師によって、明らかにされました。ちなみに活性化している特定の細胞というのは、生殖細胞と幹細胞、がん細胞の3つになります。

 

テロメアを伸ばす物質とは?活性分子TAMについて解説します

 

ここでようやく活性分子TAMの話につながります。テロメラーゼの遺伝子に隣接しているDNAがあるのですが、特定のたんぱく質と結びつくという特性を持っているのです。

 

 

このたんぱく質との結合によって、テロメラーゼ遺伝子の機能が発揮されません。つまり細胞が不活性の状態になっているのです。こうした活性を抑制する因子に対して、結合を防ぐ成分を遺伝子内に届かせることで、活性化状態できると考えられます。

 

 

そこで開発されたのが活性分子TAMです。活性分子TAMを使うことによって、テロメラーゼの遺伝子を活性化できます。その結果としてテロメアを長くできるとなるのです。

 

 

この活性分子TAMを使ったエイジングケア製品なども、最近では販売されるようになりました。ただ1つ注意したいのは、このエイジングケア商品を使えば、テロメアを伸ばせるのかということです。

 

 

テロメアの長さが変わることの要因は、主として時間経過によるものとなります。人間の身体は産まれたときから、ずっと細胞分裂を繰り返しているためです。

 

 

そのため年齢を重ねるごとに、遺伝子の異常コピーが増えて加齢による疾患が増加していくと考えられています。こうした要因の他にも生活習慣が大切だとする研究結果も出ています。

 

 

つまり活性分子TAMを使ったエイジングケアをしていたとしても、日常生活が荒れていると意味がなくなってしまうのです。実際にアメリカの大学の研究では、健康的な生活を送った人のテロメアは平均して10%程度長くなったとしています。

 

 

特に食事や睡眠、ストレス管理、運動については、十分に考慮しておく必要があるでしょう。できるだけ健康的な生活を心がけるようにすると、より効果が期待しやすいかもしれません。

 

テロメアを伸ばす物質とは?活性分子TAMについて解説します

 

活性分子TAMの権威であるビル・アンドリュース氏は、実はアメリカでは有名な博士です。バイオテクノロジーの分野にて30年以上研究を重ねてきた実績があり、近年はテロメアに焦点をあてています。

 

 

実際にテロメアに関して寿命にも関わりがあることがわかってからというもの、海外では1億円をかけて活性化手術をするというケースもあったそうです。噂レベルでの話かもしれませんが、それだけの効果を求めているといっても過言ではありません。

 

 

既に解説したように活性分子TAMには、テロメアを長くできる効果が期待できます。テロメアが長くなることのメリットは、健康面と美容面の2つで意味があると考えて良いでしょう。

 

 

寿命という部分だけではなく、老齢になることによる疾患の発症リスクの低減があるためです。美容面ということでいえば、いつまでも若々しくいられるということでしょう。

 

 

特に肌の老化で起こるしわやシミといったことにも効果があるので、体の中からきれいになれるものだと言えます。ただすでに説明したように日常的な生活を整えていくことで、テロメアを伸ばすこともできるのです。

 

 

そのため活性分子TAMのみに頼るのではなく、自分自身の生活習慣を見直しをすることも重要になってきます。

 

 

テロメアを伸ばす物質である活性分子TAMについてでした。テロメアそのものは時間経過によって、劣化していくものです。ただこの劣化が起こってしまうのは、同じく遺伝子内にあるテロメラーゼが不活性であるのが原因だと言えます。

 

 

実際にテロメラーゼが活性化状態にあるがん細胞は、非常に死滅しにくいことで有名です。そこでテロメラーゼを活性化させるために開発されたのが、活性分子TAMになります。

 

 

活性分子TAMは細胞内に浸潤することで、テロメラーゼを活性化させてテロメアの伸長に役立つとされているのです。