テロメアと肌との関係は?若いころのニキビとどう関係する?

テロメアと肌との関係は?若いころのニキビとどう関係する?

テロメアと肌との関係は?若いころのニキビとどう関係する?

 

ニキビ肌で悩んでいるという人も多いでしょう。最近では美容外科などのクリニックに通って、ニキビ跡の治療をする人も少なくありません。

 

 

ただこのニキビ肌の人は肌の老化を起こしにくいとする、発表がなされているのはご存じでしょうか。ここではテロメアと肌の関係について調べてみました。

 

 

思春期の頃にはニキビに悩まされたという人も多くいて、そのことを気にしている人も少なくありません。ただテロメアとの関係においては、ニキビ肌だった人の方が有利だとする論文が発表されているのです。

 

 

これは2016年のものでロンドン大学のキングスカレッジが、発表しているものとなります。主執筆者であるシモーヌ・リベロ氏は同大学の皮膚科学者です。

 

 

この論文の前文に、テロメアとニキビについてのことも触れてあります。ではいったいどういう研究内容かを確認しましょう。同大学ではインターネットを通じて、双子のボランティアを募集しています。

 

 

このボランティアに応募があった女性の双子1205組に対して、テロメアの長さを計測したのです。この1205組のうち約4分の1が、過去にニキビがあったと報告しています。

 

 

この計測結果なのですが、ニキビを患っていた人の方がより長いテロメアを持っていることがわかったのです。テロメアというのは細胞の寿命に影響があるもので、ひいてはエイジングケアなどにも関係があります。

 

 

このテロメアが短くなると老化が起こるともされていて、長いほど若い状態を保てるといってもいいでしょう。さらに双子のグループから皮膚の一部を取り出して、遺伝子の検査も行っています。

 

 

その結果でわかったことは、ZNF420という遺伝子が一致しているという点です。ZNF420とは細胞の増殖を抑制する、P53遺伝子と密接な関係があります。

 

テロメアと肌との関係は?若いころのニキビとどう関係する?

 

P53遺伝子はアポトーシスを起こす要因だと考えられています。アポトーシスとは有害な細胞が死滅することを意味している言葉で、細胞の自殺などとも表現されるものです。

 

 

研究結果をまとめると、ニキビに悩んだ経験がある人ほど遺伝子的に長いテロメアを持つことがわかったとなります。テロメアが長く持つということは、将来的に肌が老化しにくいといってもいいでしょう。

 

 

ただこの論文を鵜呑みにするのは危険だと言えます。なぜならニキビということ1つをとっても、遺伝情報ですべてが決まるものではないためです。

 

 

例えばまったくケアをしないままな人と、しっかりとケアをした人では発症率が大きく違ってきます。例えば双子だからといって2人とも、同じようにニキビになったとはわかりません。

 

 

1人は軽症であったという可能性もあるでしょう。どこまで論文における調査をする前に調査をしたのかも不明ですし、自己申告であったのならなおさらです。

 

 

そのため論文の信憑性がどうこうではなく、前提となる条件などがあやふやである部分が多いといえるでしょう。ただテロメアと老化には密接な関係があるのも事実です。

 

 

テロメアは染色体の末端にあたる部分のことです。動物の尻尾のような構造をしていて、細胞分裂をするたびに短くなっていきます。短くなると最後には細胞分裂がとまってしまうのです。

 

 

また短くなることで細胞分裂をするときに、遺伝子のコピーが正常に行われなくなる可能性が高まります。その結果として細胞が変異を起こしてしまい、がん細胞などへとなってしまうのです。

 

テロメアと肌との関係は?若いころのニキビとどう関係する?

 

この結果から、テロメアは人間の寿命とも大きく関係があります。ただここでお伝えした論文にもあるように、外的な要因で長さが変わることもわかっているのです。

 

 

この論文ではニキビ肌だった人の方が、遺伝的にテロメアが長く保たれやすいとしています。ですが日常生活の送り方によっても、テロメアが長くなったり短くなったりすることがわかっているのです。

 

 

ファストフードなど糖分や脂質の多い食事を暴飲暴食していたり、運動不足や慢性的なストレスがあると、短くなることが研究の成果として発表されています。

 

 

反対に健康に良い栄養バランスに優れた食事や、適度な量の運動、ストレスの管理などを行うことで長くなるそうです。つまりニキビ肌であるかどうかというだけではなく、こうした日常生活による影響も考慮しておく必要があるでしょう。

 

 

逆に言えばニキビをしっかりとケアしたことで、そうした悩みを持たなかった人でも、テロメアを長く保てるのです。こうした点を考慮すると、ニキビ肌であったから大丈夫とするのも暴論だといえるでしょう。逆にニキビ肌でなくても生活習慣次第で状況は改善できるのです。

 

 

テロメアと肌の関係についての話でした。若いころにニキビで悩んでいた人ほど、将来的に肌の老化が起こりにくいとする説があります。この説の出どころとなっているのは、ロンドン大学のキングスカレッジが発表した論文です。

 

 

同論文の中で双子の被験者の遺伝子を調べたところ、過去にニキビを発症した人の方がテロメアが長かったとしています。その結果としてニキビの人の方が、より肌が老化しにくいとしているのです。