テロメアって何?エイジングや老化との関係について解説します

テロメアって何?エイジングや老化との関係について解説します

テロメアとインフィニティスプレーおまとめサイト

 

テロメアという言葉をご存じでしょうか。最近になってエイジングや老化に関係があるともいわれる物質ですが、どういうものなのか知らない人も多いでしょう。そこでテロメアについて基本的な部分から解説していきます。

 

 

テロメアとは何かですが、人間の染色体の末端部分にあるものです。実はテロメアは最近になって発見されたものではありません。1930年代にはすでに、細胞遺伝学の研究所で発見されていました。

 

 

それが科学技術や分子生物学の発展とともに、近年になってその役割などが分かってきたのです。人間の体というのは常に細胞分裂を起こしています。いわゆるエイジングケアでいう新陳代謝です。

 

 

この細胞分裂の仕組みを追っていくと、核が分裂することで1つの細胞が2つに分かれていきます。この時にもともと1つであるDNAを複写することで、細胞が2つに分かれるのです。

 

 

この複写ということに関わっているのが、テロメアになります。テロメアは細胞分裂を繰り返すたびに短くなっていき、この短縮が起こることで寿命が訪れるとされているのです。

 

 

そのため分裂時計などと呼ばれることもあります。逆に言えば、テロメアが短縮していくのを抑制できれば、細胞の寿命を永らえるのではと考えられるのです。

 

テロメアとインフィニティスプレーおまとめサイト

 

ちなみに現時点でも研究の結果によって、テロメアの短縮による老化というのが認められています。肌の細胞である角化細胞や脾臓、腎臓に肝臓といった臓器などでは、老化することが分かっているのです。

 

 

この短縮を抑制する効果があるとされるのが、POT1というたんぱく質になります。POT1は加齢によって減少することも分かっているのです。つまり端的にお伝えすると、テロメアは老化に関係があると考えられます。

 

 

ではテロメアが短くなる要因は、どこにあるのでしょうか。加齢によって短くなることはわかっていますが、それ以外にもダメージを受けてしまうケースがあるのです。その要因というのが生活に関するものです。

 

 

慢性的にストレスを受け続けてしまったり、喫煙や運動不足による肥満などによってPOT1が減少していくとされます。他にもアルコールの過剰な摂取や、紫外線による日焼けなども細胞がストレスを感じてしまうそうです。

 

 

テロメアの抑制因子であるPOT1が減少すれば、そのままダメージを受けやすい状況だといえるでしょう。テロメアが短くなるとどうなるのかですが、遺伝子の複写が正常に行われなくなるのです。

 

 

染色体が不安定になることで遺伝子の変異が起こりやすくなります。その結果として、最悪のケースではがん細胞へと変異することもあるそうです。

 

 

また脳の萎縮などにも関係があり、認知症や脳機能の低下などのリスクが増すとも考えられています。身体の老化というものにも最終的には関わってくるものなので、エイジングケアなどでは重要だとされるのです。

 

 

次に短くなったテロメアの長さを戻すことができるのでしょうか。実はテロメアを伸ばす酵素があり、それを発見した研究者はノーベル賞を受賞しているほどです。

 

 

テロメラーゼという酵素になるのですが、現在は実際に伸ばせるのかを研究している段階になります。ちなみにマウスを使った臨床実験では、テロメラーゼを注入したことで若返りの効果が認められたそうです。

 

 

ですが形の悪い染色体が増えたことによって、最終的にはがんを引き起こしてしまいました。テロメアによる効果は認められましたが、まだまだ危険性が高いため安全性に課題があるといってもいいでしょう。

 

テロメアとインフィニティスプレーおまとめサイト

 

ただ日常生活においてテロメアを伸ばせるのでは、と考えられているものがあります。それは健康的な生活を送ることです。具体的には適度な運動を行い、バランスの良い食事をとり、7時間以上の睡眠をとるといったような生活になります。

 

 

さらに家族であったり、友人などと良好な関係を保っていることで、テロメアを伸ばせるそうです。つまりはストレスをなくして、健康的な生活を送るというのが老化しないための生き方だともいえるでしょう。

 

 

ちなみに現時点でも医療としてテロメラーゼを活用しているものがあります。実はもともと細胞にテロメラーゼが発現しているものがあるのです。生殖細胞、がん細胞、幹細胞の3つがこれに該当します。

 

 

がんにり患するとなかなか完治できないのは、このテロメラーゼの働きによるものだといえるでしょう。例えば抗がん剤などを使ってがん細胞を小さくしていくことができるのですが、幾度も細胞を損傷することなく分裂します。

 

 

これががんという病気の厄介さでもあるのです。そのため3つの細胞の中で使いやすい幹細胞が注目されています。

 

 

幹細胞は加齢とともに減少するものですが、脂肪にも含まれているのです。この脂肪由来の幹細胞を使うことで、現在の医療技術では治療が難しい病気の治療が見込めます。

 

 

テロメアというものについての情報でした。テロメアとは染色体の末端部分のことで、細胞分裂をするときに遺伝子を正常にコピーするためのものです。このコピーが正常に行われるからこそ、正しい細胞分裂を起こすことができます。

 

 

逆にテロメアの機能が衰えてしまうことによって、正常に遺伝子がコピーできなくなるのです。その結果として遺伝子の変異が起こることがあり、それががん細胞などにつながります。